メディアや行政指導を通じた教育の必要性

教育というと学校で教えるものを連想しがちですが、世の中ではそれ以外に学校などで教えない日常生活に必要な知識などもそれの対象に含まれます。
これらの情報は今ではその気になればインターネットなどで調べることもできるのですが、すべてを調べることなどは不可能に近くなります。
その日常生活の中で教育するにはメディアを通じて不特定多数の人に教えること、そして行政指導が必要不可欠になります。
それらの一例では塩分や糖分取りすぎなどの健康対策などは行政指導の効果だし、ヒートショックで死んだりしないようにするため、家の中で入浴時に暖房を入れるようにと盛んにテレビやラジオなどで呼びかけたり、大掃除を年末に一気にやらずに気温の高い時期にやるべきものとかなどがその一例となっています。
また歴史ものなどは学校で教えてはいますが、それらはごくわずかであり、教科書に掲載されていない人物などをドラマを通じて放送しているのも、ある意味では教育の一環だとも言えます。
なぜならこれらの情報は、ある意味盲点であり、ほとんどの人が注目していない領域だからです。
ほとんど誰もが注目していない領域を教えることで、多くの人に気づかすことである意味賢くすることができるようになります。